夏フェスって実際どんな感じなの?行ってる世代は?激しいバンドしか出ないの?徹底解説します!!

夏フェスって実際どんな感じなの?行ってる世代は?激しいバンドしか出ないの?徹底解説します!!

こんにちわ!今年も存分に夏フェスを楽しんだこうです!

今日は夏フェスについて語りたいなと!!

夏になるといろんなイベントがあると思うんですが、僕は毎年“夏フェス”に行っています☺️

年々夏フェスに行く人が増えてきてる印象で、必ずしもバンドが好きでなくてもちゃんと楽しめるようになってきます!

今回はそんな夏フェスのことを簡単に紹介したいと思います。

夏フェスとは

ロック・フェスティバル: rock festival)は、ポピュラー音楽を扱う音楽祭の中でもロックに特化したものである。俗にロックフェス(rock fes.)と略され、さらに縮めてフェス(fes.)と呼ばれる事もある。しかし日本のロック・フェスティバルでは、時代とともにロックに限らずポピュラー音楽全般へと対象ジャンルを広げていった事例や、初めからロック以外のジャンルも扱っている場合も多く、ポピュラー音楽を扱う他の音楽祭との境目が曖昧になりつつある。このためロックバンド以外のアーティストが多数出演していても、ジャズレゲエアニメソングなど「ロック以外の特定のジャンル」に特化していない限り、総称的な意味合いでロック・フェスティバルと呼ばれるケースが少なくない。

Wikipediaより


Wikipediaにはこのように書かれていました☺️

語源はロックフェスティバルなんですが、近年ではロックバンドだけでなく、シンガーソングライターやアニソン歌手が出てたり、ジャズシンガーが出てたりと、すごく幅広い世代が楽しめるようになっています☺️

僕自身8年ほど前から毎年夏フェスに行っているのですが、毎回“すごく楽しい夏の思い出の一つ”になってます。

夏フェスの楽しみ方

夏フェスに行ってみたいけど、実際どんな感じなの?

暴れ回ってる若者ばっかなんでしょ?

そんなイメージを持たれてる方多いかと思います。

実際YouTubeとかで【夏フェス】って検索すると、激しめのロックバンドがお客さんを煽ってる姿だったり、若者がモッシュをして楽しんだりしてる動画がたくさんアップされています(笑)

実際そーゆーこともあります!

ただそんな人だけが楽しめるって訳でもないんですよ!!

楽しみ方は大きく分けて3パターンあります。

前の方に行って、もみくちゃになりながら声を出して楽しむタイプ

元気が有り余ってる若者に多いです🤔

好きなバンドの演奏、メンバーの表情などを近くで見れますし、ファンからしたら前に行く他ないのかも知れませんね🙃

もう少しだけど周りに配慮できる人が増えたらなぁなんて思いますが(笑)

極たまに怪我にすることもありますので、前に行きたい!って人は気をつけて行ってください!!

②比較的後ろの方で安全に見るタイプ

前に行くのはもうしんどい!

後ろの方でしっかりと音楽を聞きたい!

っていう人はこのタイプが多いです。

前に行くのに比べてアーティストは見えにくくなりますが、ゆっくり好きなアーティストの音楽が楽しめるのと、怪我するリスクが皆無です。

③かなり遠めの所で、シートを敷き、お酒を飲みながらBGMとして音楽を楽しむタイプ

割と大人数で行くような人がこのように楽しんでいるイメージです。

ライブが行われてるところから少し離れた所に場所を取り、シートを敷いてお酒を飲んだり雑談したりしながら、遠くから聞こえる音楽を楽しみます。

ライブが盛り上がっている様子を遠くから見れますし、これはこれでけっこう楽しめますよ☺️


ちなみに僕は①〜③全部当てはまります(笑)

盛り上がりたい!!って気分の時は①で、ちゃんと音楽を聞きたい時は②、休憩したい時は③って感じですね☺️

人それぞれ楽しみ方があるので、自由に楽しみましょう!

夏フェスの注意点

次に夏フェスの注意点ですが3点ほどあります。

①熱中症に注意!!

これが一番注意すべきところです!

夏なのでもちろん暑いです!

そして夏フェスというのは基本的に野外で行われることが多く、屋根などがない会場が多いです😅

ですので直射日光を受けてしまうんですよね!

それに加え、かなりの人がいるのでより暑く感じてしまいます。

水分補給は必ずこまめに取り、もし気分が悪くなったら近くにいるスタッフに遠慮なく声をかけましょう!!!

また周りに体調の悪そうな人がいたら、見て見ぬ振りをせず、助けましょうね!

②怪我に注意!!

これは特に前の方にいってライブを楽しむ人たちに言いたいです!

前の方では“ライブキッズ”と呼ばれる若年層が暴れまわっていることが多いのです🤔

人によっては“暴れるためにライブに行ってる”“ライブ中の怪我は仕方ない”なんて言ってる人もいました。

ライブをどのように楽しむかは本人の自由なのですが、やはり節度を持って楽しむべきですね!!

悲しいことに怪我など気にせず暴れまわる人は一向に減る気配はありません。

なので自分の身は自分で守りましょう!!!

怪我のリスクを減らすためには前に行かないことですが、せっかくのライブなので前に行って楽しみたい気持ちもすごくわかります。

僕も前に行ってしまう時はあります。

なので最大限の注意を払って前に行きましょう!!

③痴漢に注意

これは女性限定なのですが、最近フェス中の痴漢が問題視されています。

揉みくちゃになっていることをいいことに痴漢を行う人が多いようなのです。

音楽がほんとに好きな自分からしたら

こう
こう
何しに来てんだ

って感じですが、実際に起こっている問題です。

対処法としては周りに助けを求めるのが一番いいです。

人が多い分助けてくれる人もいます。

みんなで助け合って被害を減らしましょう!!

そしたらもっといろんな人が安全にフェスを楽しめるようになると思います😄

オススメの夏フェスTOP3

僕は8年ほど前から毎年夏フェスに参加していて、大体10種類ほど行きました。

その中から会場の雰囲気などからオススメの夏フェスをご紹介したいと思います😙

①MONSTER baSH

MONSTER baSH(モンスターバッシュ)は、香川県で開催されている中四国最大規模の野外音楽イベント(ロック・フェスティバル)である。通称「モンバス」。国営讃岐まんのう公園で2日間に渡り行われている。

Wikipediaより


香川県で行われているフェスです!

個人的にこのフェスだけは毎年行っているんですが、一番の魅力は“今話題のアーティストを幅広く見れること”かなと思っています。

激しいバンドもあり、シンガソングライターもあり、アイドルもありって感じでいろんな方が楽しめるイメージです😙

あと僕自身関西圏に住んでるのもあって旅行がてら行けるのも魅力ですね!

もしフェスの種類が多くてわからない!って人がいたら、とりあえずジャンルレスに楽しめるこのフェスに行ってみたらどうでしょうか😊

②RISING SUN ROCK FESTIVAL

RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジング・サン・ロック・フェスティバル)は毎年夏に北海道小樽市石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージで開催されている国内最大級の野外オールナイトロック・フェスティバルイベントの1つである。略称”RSR“、”RSRFES“。

Wikipediaより


こちらは北海道で行われてるフェスです。

このフェスの最大の魅力はオールナイトイベント!!

深夜にバンドを見るのは本当にテンション上がりますよ🤙

僕は夜からテンション上がってくるタイプなんでめっちゃ楽しめました!(笑)

日中に自然の中で大音量で音楽を楽しむっていうのが夏フェスの魅力ではありますが、逆に少し涼しくなってから音楽を楽しむのもいいですよ😇

夜であることを活かして照明を駆使した演出が数多くされていて、普通にCDを聞くのとは全然違います!!

是非一度行ってみてほしいです!

③SOMMER SONIC

サマーソニック(SUMMER SONIC)は、毎年8月上旬から中旬の間で2日間、土曜・日曜に千葉(2000年のみ山梨)と大阪で開催される都市型ロック・フェスティバルである。

wikipediaより


フェスといえばサマソニ!というほど人気が高いフェスです!

サマソニの他のフェスと違うところは“海外アーティストが多い”ことだと思います。

僕は基本的に邦楽を聴くことが多いですが、洋楽好きの方はこのフェスがベストだと思います!

普段なかなか見ることができないアーティストを見ることができます。

また、他のフェスよりも割と大物アーティストが出演することが多いです。

上記の二つのフェスは割と若いアーティストが多く出てるのに比べサマソニはベテランが多く、どちらかというと30代以上の方々が多く楽しまれている印象を受けています。

チケットは他のフェスに比べ気持ち高めですが、出演するアーティストの顔ぶれ的に全然高いとは思いません!

是非行ってみてください。

まとめ

今回は、夏フェスについて色々と書かせていただきました。

オススメのフェスは色々あって全て紹介したかったのですが、厳選して今回は紹介しました。

是非、まだ一度も行かれたことのない人に行ってみてほしいと思います😃

読んでいただきありがとうございました!!

バンドカテゴリの最新記事