仕事

医療職の人が副業に手を出しにくい3つの理由

こんにちわ!こう(@k0_kara)です!

今日は医療職の人が副業に手を出しにくい理由についてお話ししたいと思います!

はじめに

僕は現在、臨床検査技師として勤務しています。

毎日仕事が大変でいっぱいいっぱいです(笑)

ただ医療職は固定給なので、どれだけ頑張ろうが同じ給料なんですよね。

加えて僕の施設の場合、残業代がつかないので、時給換算したらかなりやばいです。。。

時給500円とかなのかな。。。 (笑)

金銭的には全然余裕がないのです。

ですので

こう

副業したいなぁ~

と思うことは多々あります。

これは社会人になってしばらく経った人は、一度はみんな考えることだと思います。

ただ医療職、特に我々臨床検査技師や放射線技師など医療技術職に就いてる方は、かなり副業に手を出しにくい状況下にあると思っています。

今日は僕がそう思う3つの理由についてお話ししたいと思います!

医療職の人が副業に手を出しにくい理由

その1:医療についてしか勉強してきていないから

もちろん、全員に当てはまることではありませんが、医療職の方は高校卒業後、基本的に専門的な勉強ばかりしてきています。

僕の場合は大学に行ってましたので、多少その他の一般教養も学びましたが、専門学校に通われていた方はほんとに医療に関することしか勉強しないんですよね。

普通のサラリーマンなら当たり前にできるWord、Excelなどもまともに使えない人も多くいると思います😓

例えば副業で流行りのプログラミングをしよう!と思っても、そもそもパソコンについて全然学んできてないので、かなり時間がかかるのは事実です。。

医療の勉強しかしてないから副業できない!

というのは言い訳になると思いますが、今まで過ごしてきたバックグラウンド的に、少し手を出しにくいとは言えると思います。

その2:安定を求める人が多いから

これも全員に当てはまる訳ではないですが医療職就いている方々は、比較的

安定志向の方が多い!

と思います。

医療職はほとんどの場合国家資格が必要です。

実際僕も、臨床検査技師の国家試験を受け、資格を取得し働いています。

僕の場合は、特にやりたいことがなかったことから、とりあえず食いっぱぐれることのない仕事に就こうという思いを持ってました。

The 安定志向ですよね(笑)

医療職についている方は思い返してみてほしいです。

今まで大きな挑戦はしましたか?

偏見かもしれませんが、してない人の方が多いのではないかと思います😐

大学受験で言うと、“記念受験”をした人は少ないんじゃないでしょうか?

そんなことをしなくても、専門学校がありますしね。

資格を取ることだけに焦点を当てると、いろんな逃げ道があります。

そこは医療職のいいとこでもあれば、悪いとこでもありますね。

少し話が逸れましたが、医療職に就いている方は、メンタル的に安定を求める傾向があるので、先が見えなくて、利益が出るかもわからない副業には手を出しづらいのかなぁと思っています。

その3:医療は進化し続けるので、日々勉強し続けなければいけないから

医療は進化し続けている=日々勉強しなければいけない

これが3つ目の理由です。

少し偏見もありますが、事務系の仕事ならある程度マニュアル化された仕事内容を覚えたら、いろんな仕事に応用できるのではないでしょうか。

それに比べ医療にはマニュアルがありません。

時と場合に適した行動をしなければならなく、毎日考えながら仕事をしています。

決して、事務系の仕事をしている方が何も考えずに仕事をしていると言っているわけではありませんので!(笑)

規模にもよりますが、医療現場で働いていると、珍しい症例や新たな症例に出会う機会はよくあります!!

その場合、学会発表、論文発表という形で世間に公表することが多いです。

もちろんそれは仕事ではないため、強要されることはありませんが、

基本的に発表等に取り組まない人=やる気がない

とみなされることが多いです。

ちなみにその発表のための準備期間は、あくまで“自分の功績のため”という扱いですので、残業代は出ません。当たり前ですけど。

仕事内容だけ見れば、臨床検査技師はそこまでハードワークではないのかもしれませんが、学会発表等、仕事以外のことが常に舞い込んでくることが多く、プライベートな時間が取れない状況も多々あります。

もちろん、施設によるので毎日定時で帰れるところもあります!!

実際僕は、学会発表の準備をしている期間は毎日21時頃に帰宅していたので、副業に充てる時間はほぼ取ることができませんでした。

よく副業するなら本業は定時で帰れるところにすべきと言われていますが、医療職は厳しいというのが現状です。

医療職全てではないですが、ある程度大規模の施設で働く臨床検査技師、放射線技師は厳しいと言えると思います。

周りから聞く話ですので参考程度にしてほしいですが、看護師や理学療法士は発表や研究があまりないらしく、医療職の中ではまだ副業に手を出しやすいイメージです!

僕の中でのイメージですが(笑)

終わりに

今回は医療職の人が副業に手を出しにくい3つの理由についてお話ししました。

出しにくいというのは本当ですが、できない訳ではありません。

本人次第です💪

新しいことを始めるのはほんとに怖いことです。

けど、今の生活に満足していないなら何かしら始めるべきだとは思います。

何事もやってみないとわかりませんしね!!

僕と同じように病院で働く方々にそう伝えたいです。

読んでいただきありがとうございました!!

にほんブログ村 病気ブログ 臨床検査へ


にほんブログ村

ABOUT ME
アバター
こう
こんにちは!こうです! 現在26歳で臨床検査技師という仕事をしながら七転び八起き精神でいろんなことにチャレンジしています。 挑戦してきた体験記や、臨床検査技師について、その他誰かの役に立てる情報を発信していきたいと思っています。