レビュー

『青くて痛くて脆い』レビュー*ネタバレを含みます

こんにちは!こう(@k0_kara)です!

たまたま休みがあったのでなんとなく今日公開の映画「青くて痛くて脆い」を見てきたのでその簡単なレビューを書きたいと思います。

*ネタバレを含みます。

「青くて痛くて脆い」見る前のイメージ

この映画を見る前に予告編を見てみました!

この予告を見てみるとわかりますが

「そうやって秋好(杉咲花)が笑ったことを僕は思いだす」

「もし私(秋好)に何かあったらちゃんとモアイ(映画中に出てくる社会貢献サークル)の意思は楓(吉沢亮)が引き継いでね」

「彼女(秋好)はもうこの世界にはいないけど」

「彼女を奪った者への復讐が始まる」

このような言葉が並ばられており、ある程度どのような物語か自分なりに推定しました!

・秋好と楓は一緒にサークル活動をしていた。

・何かしらの事件(いじめなど)が起こり、秋好が死んでしまった。

・サークルの誰がが秋好の死に関わっており、楓がその原因、犯人を突き止める

・その犯人に楓が何かしらの復讐をする。

・最後は何かしらの形で秋好の思いが報われハッピーエンド。

って感じだと思いました。

まぁ王道な映画だなと🤔

ただ「驚愕の展開へ」「この青春には嘘がある」という文言もあったので、予想通りには物語は進まないんだろうな〜とも思いました🧐

とりあえずワクワクして映画を見に行くことにしました〜😇

「青くて痛くて脆い」見た後の感想(*ここからネタバレを含みます)

そして先ほど映画を見てきました〜!

率直な感想ですが、

「意味がわかりませんでした😇😇😇」

映画って「ドキドキした」「ハラハラした」「感動した」「心が痛かった」なんて感想が生まれるもんですよね?笑

以前金曜ロードショーで「キングダム」見たときなんてめちゃめちゃ面白くて、山崎賢人と長澤まさみがかっこよくて、見た後の充実感凄かったんです!!

ただ今回この「青くて痛くて脆い」を見た後は

「なんもないんです」

感情が何も動きませんでした。。

見る前に推定していたような事件なんて起こってないし、そもそも秋吉死んでない!!笑

普通に元気にしてましたw

恐らく予告編で「秋好が死んだ」と表現されたのは、“楓の中での秋吉が死んだ”ということなのかな・・・

簡単に内容を説明すると

・「世界は変えられる」と本気で思ってる秋好の誘いで楓と2人で社会貢献サークル「モアイ」を立ち上げる。

・ボランティアなど小さい活動を2人でコツコツとこなし充実した日々を過ごす。

・脇坂(柄本佑)の支援により徐々にモアイの存在が大きくなる。

・脇坂と秋好が付き合い始める。

・脇坂と秋好が付き合ったこと、部員がたくさん増えたこともあり、楓はサークルを抜ける。

・モアイが大規模サークルとなり、「学生と社会人」を繋ぐ就活支援サークルとなる。

・そんな中、モアイをよく思っていない楓は友達の董介(岡山天音)と協力してモアイの不祥事を探しサークルをつぶすことに決める。

・イベント等に参加しサークルの中心メンバーであり、いろんな女性に手を出しているという噂が多いテン(清水尋也)が不祥事を起こす証拠を突き詰めようとする。

・しかしサークルを潰せるほどのことは起こらない。

・楓はふとテンに関わってから企業からの迷惑メールが増えていることに疑問を持ち出す。

・テンがサークルメンバーのメールアドレスを企業に横流ししているのでは?と疑い、企業の人たちと連絡を取る。

・テンの仲間を装い、かたっぱしから企業に「送った部員名簿が紛失してしまったので送り返して欲しいです」と送りまくった結果、テンが横流ししていたと思われる部員名簿を手に入れる。

・董介は「流石にそこまでするのは辞めておこう」と行ったが、楓は聞く耳を持たず、モアイの不祥事をSNSで拡散させる。

・すぐに噂は広まり、モアイは解散することになってしまう。

・楓は自分のしたことの大きさに気付き、罪悪感を覚え、秋好に謝りたいと思う。

・秋吉を見つけ、謝まろうとするところでエンディング。

という感じです。

まとめると

最初仲良く2人で始めたサークルが大きくなり必要とされなくなった、また好きだった?秋好にも彼氏ができてしまい自分の存在価値がわからなくなった。

どこにぶつけていいのはわからない怒りを「モアイを潰す」ことで満たそうとした楓の自己中な行動劇

という感じです。

要するに「嫉妬」「承認欲求」が招いた事故ってことです。

予告編にも「これが青春のリアル」という言葉がありましたが、ある意味そうですね。

大学でのいじめは中学高校に比べ圧倒的に起こりにくいし、殺人事件も起こりにくい。

友達関係や恋愛関係の悪化による事件が一番多い気がします。

そういう意味で「青春のリアル」だと思いますね。

ただ映画として「ドキドキ」「ハラハラ」は全くなかったですし、正直面白い作品だったとは言えませんね🙄

完全に予告に釣られた人の1人ですwww

逆にいうと、予告の完成度すごいですけどね!笑

見たくなりましたもん!笑

おわりに

「青くて痛くて脆い」という映画を見てきました!

僕個人の感想は「微妙」でした🙄

一個人の感想なのでなんとも言えませんが、もしこの映画が絶賛されれば僕の感性が微妙ということになりますねww

気になる方は見てみてはどうでしょうか🎈

読んでいただきありがとうございました!!

ABOUT ME
アバター
こう
こんにちは!こうです! 現在26歳で臨床検査技師という仕事をしながら七転び八起き精神でいろんなことにチャレンジしています。 挑戦してきた体験記や、臨床検査技師について、その他誰かの役に立てる情報を発信していきたいと思っています。